今、インプレッサはお買い得(高値買取)なのか?

現行インプレッサは、2016年10月に新型として発表されました。

新型インプレッサは、安全性能や高い走行性能、高級感あふれるインテリア、そしてお手ごろな価格から購入できるコストパフォーマンスのよい車となって生まれ変ったのです。

そして、さらに、2016年末に審査された2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーにこの「インプレッサスポーツ」「インプレッサG4」が選ばれました。
「スポーツ」「G4」ともになので、ハッチバックおよびセダンともに選ばれたということになります。
日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるということは、質の高い走行性能や世界トップレベルの安全性、そしてコストパフォーマンスに優れたパッケージが一番評価を得たということになります。
この賞に選ばれると、歴代の車全体が注目されるので、中古車市場や買取市場によい影響をもたらせます。
つまり、新型のインプレッサの買取査定は上昇しますし、以前のモデルの中古車も注目されることで、回転率がよくなり程度のよいインプレッサにめぐり合える可能性が高くなるのです。

そんなインプレッサは、日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことで俄然注目を浴びているわけですが、インプレッサは歴代を見てみると、スタイリングが少し大人しめなので、物足りなく感じる方もいるようです。
逆に言えば、飽きのこないスタイリングと思えば、長く付き合える車だと言えます。

そういう意味では、しっかり作りこまれているインプレッサを長く付き合える相棒として購入するには今がチャンスかもしれません。

また、長い間乗っていた愛車のインプレッサを買い取ってもらうにも、注目されている今がチャンスかもしれません。

最新記事